どこまで付き合えばよいのか?職場関係の交際費について

職場関係の冠婚葬祭や歓送迎会の出費が多くて困っています。

50人くらいの職場です。
20~30代が多く6~7割を占め、全体の3~4割は未婚です。
毎年5人程度の退職者がいて、5人程度の新人が入社しますが、この比率は変わりません。

毎年、2~4人が結婚し、2~5人の子供が生まれ、5~10件の不幸(二親等までが忌引きとなります)があります。

業務上、7つくらいの部署に分かれていますが、異動が多く、ほとんどの人と一緒に仕事をしたことがありお世話になっています。

人間関係が良好で働きやすいのですが、反面、交際費がかかるのが悩みです。

結婚・出産の際には、「1人1000円くらい集めて、有志でお祝いを贈ろう」となり、ほとんどの人が参加するので、必ず出資しています。
親しい人だと個人的にお祝い(5千円~1万円)をあげます。

困るのは、結婚式に招待された時です(おめでたいことなので祝福したい気持ちは大いにあるのですが、出費を考えると頭が痛いです)。
出席するメンバーがほぼ同じなので、ほぼ毎回、服を新調することになり、数万円はかかります。

不幸の際は、会社としてお香典・お花を出すのですが、ほとんどの人が個人的にお香典を渡しています。
私も初めは、忌引きでお休みした方にはお香典を渡していましたが、頻度が多いので、現在は一親等の場合だけにしました。

歓迎会・送別会は、当事者の分を皆で負担することになるので、普段の飲み会よりも会費が高くなります(送別会では勤続年数により、数万円の記念品を贈ります)。

以前からの慣習なのか、歓迎会・送別会はホテルで行うことが多く、1次会の会費だけで1万円以上のこともあります。

結婚式が重なることもあります。
一度、月に3回結婚式に呼ばれて、他にも大きな買い物をしていた時が重なって手持ちも無かった時、本当に困りました。

その時はとても迷いましたが、カードローンを利用してみることにしました。急な事だったのであの時は助かりました。
※すぐにお金が必要となった時に借りるには ≪急ぎでお金を借りたい

毎月1万円ずつ積み立てるなど、急な出費に備えての対策をとってはいるんですが、正直きついです。
「結婚祝いは3千円」「お香典は2千円」など、一律に決めている職場の話を聞くとうらやましいです。

だからと言って、自分から皆に働きかけて金額を決める行動力もなく・・・
「ストレスのない人間関係はありがたい。多少の出費は我慢しよう」と自分を慰めているのが実情です。

自己投資ができない時に、そう思います

お金が無いと思う時…やはり、「自己投資」ができない時は、思いますね。

もう少し、金があればなぁ、と。

ある漫画家が、エッセイの中で、「金はプロセスを省略してくれるから便利だ」と言っていました。 これは、本当だと思います。

例えば、「英会話くらいできなきゃな」と思って、サラリーマンが英語を勉強し始めたとします。 無論、英会話スクールへ通えば、効果は高いでしょう。しかし、それにはお金がかかるワケですね。

自分の場合、家族が多いので、給料は100%が家計に回ります。 「ちょっと英会話でも」というワケには行きません。となると、古本屋で100円で買った本で勉強する事になります。

正直、効率が悪いワケです。 それでも、10年くらい勉強して、TOEIC で750くらいのスコアは取りましたけど・・・やはり、時間が掛かり過ぎでしょう。

対費用効果で考えた場合、こんなやり方はNGです。 そもそも、古本屋でテキストを買おうと言ったって、ある本しか買えません。 リスニングを勉強したくても、ライティングの本しか無かったら、そっちを買う以外に無いわけです。

まぁ、語学に限らず、いろいろな面で言える話です。 会社員と言ったって、結局は、自分で勉強をする必用がありますし、時間をかけた分の効果がなければ意味がありません。

事業だって、投資をせずに利益のみは期待できないでしょう。 喩えは悪いですが、ギャンブルですら「元手」は必用なのですから、「仕事」にだってお金はかかります。

その時に担当している仕事だけでなく、将来の事を考えた場合は、尚の事です。 誰だって、「将来は独立して・・・」とか、「老後は海外で・・・」など、抱いている夢があるはずです。

そこに近づく為には、様々な努力が必用で、その為の自己投資は不可欠なのですが・・・。

しかし、何でもかんでも投資したらいいという訳ではありません。やはり失敗してしまうというリスクが大きいですからね。

私の知り合いで、勢いだけで事業を始めた方がいたんですが、その人は現在では借金相談所に通っている状況です。

やはり、何をするにもしっかりと計画してとりかからないと、後々痛い目に合うようになるので、気を付けないといけません。

専業主婦も大変なんです

私は最近、働いていた会社が倒産し、専業主婦になりました。

今までは家事・育児は夫と分担してやってきました。専業主婦で家にいるとなると、なんでもやらなければならないと感じています。

面倒な銀行や役所への手続きはすべて夫がやっていましたが、今は私がやらざるを得ません。家事も手抜きはできないです。 今までは忙しいので、少々部屋が汚くても文句は言わせませんでしたが、何の言い訳もできません。具合いが悪い時でも家事は休みづらいです。

食事なども疲れた時は外食で!なんてこともしばしばでしたが、節約のために自炊します。それに夫が帰ってくるまで起きていなければならないのも辛いです。

帰宅が23時なのでそれから食事を準備し、後片づけ、夫が寝るのを待っていると自分が寝るのが1時です。働いていた頃みたいに23時前にはお布団に入りたい!

私は朝も早いし、疲れているから寝ます!と言えなくなったのも辛いです。

お金の面でも変化があり、自分の物を買うのにも気を使いますね。お菓子でさえ買っていいかしらと思ってしまいます。

自由にお金が使えていたころが懐かしい。仕事していた頃は、欲しい服や靴など自分なりに家計を見ながら計算して買えていたのに、今では全く買えないですからね。。。

ストレスが溜まってしまいますよ( ゚Д゚)この際、お金でも借りちゃおっかな・・・って考える事もあるんですが、バレタ時を考えたら恐ろしくて無理ですね・・。

主人は家の事には疎いので分からないとは思うんですが。借りてみようかな~(^^)/

ちょうど欲しい服があるんですよね。あ~思い出したらめちゃめてや欲しくなってきた!

外で働いていた方が何かと言い訳ができて楽ですね。色んなことが大目にみてもらえるので。早い仕事復帰を目指します。

スカートもズボンもはけたこと

女性に生まれて良かったことは、スカートもズボンもはけたことです。

それから髪も伸ばしたりショートにしたり自由自在にいじれることも良かったです。

それからお化粧はしても良いし、面倒ならしなくても良いし、もしかしたら男性よりも選択肢が多くて自由に生きられるのではないかと思っています。
水曜レディースデーは映画が安く見られたし、飲食店でも女性は安くて良かったし、なんだか男性はかわいそうだなあと思います。
男性からのチカンやセクハラに困ったことは、女性として生まれて嫌だったことです。
女性と見るとバカにした態度を取る仕事相手の男性も嫌いでした。
それでも女性として生まれて良かったなと思うことのほうが多いと思います。
しかし、一旦自分の主導権を他人に渡してしまうと、女性に生まれたことを後悔することになります。
子どもを産んで、仕事を辞めて、生活基盤が夫に頼り切りになってしまって経済的な自立ができていないと、女性は苦しみます。自由だったはずの自分が、とても不自由で狭い所へ閉じ込められたような気持ちになってしまいます。
やはり、精神的にも経済的にも自立をすることが、女性としていきいきと楽しく生きる方法なのではないかと思います。

経済的な自立というのは私もどうにかできるようになってきたような気がするのですが、経済的な自立っていうのは専業主婦の私にはちょっと難しく課題ですね。このところお金で悩むことが多くなってきているので。

実は私借り入れをしているのです。専業主婦の私がなぜ?って思うかもしれませんが、色々とお金が必要になった時があって、その時はどうしようもやりくりが出来なかったので借りたのです。

このことがすごく私の中で悩みなのです。ちゃんと返済し続けていますが、なかなか終わらないですね。いつまだも払っている感じで。

旦那には内緒にしているので、早く完済したいんですけど…。完済するまでにばれないか怖くて怖くて…。

給料日の1日前

お金に困る時。そりゃ、なんてったって、多分どんな人でも、給料日の一週間前から、一日前なんではないでしょうか。

苦境に陥るのは、九分九厘、、一日前、、かなりひもじい生活をしています( ゚Д゚)

冷蔵庫は、余裕のスペース!(食材がか空っぽ状態)。。。 一昔まえならいわゆる、「つけ」という選択肢もあったかもしれませんがね。今の時代ではなかなかつけが効く所なんてないですよね。

そう、、あれは、子供たちが育ちざかりだった頃、、給料日の一日前、行きました、どこに??

向かいの公園の下の方の草むら、、ヨモギとりです。ああひもじい、、でも、まあ、ヨモギも、旬がおいしい。香りもいい。栄養もある。

一石二鳥も、三鳥も、有るじゃないですか。うむ。しかし、子供は納得しない、

「結局、金がないからじゃん」

返す言葉もございません。ああそうですとも、、痛いとこを、つかれる。母は辛しです、、(涙)

こういう時に不幸は??続くもんで、、「町内会費とりに来ました。」うそっ!!50円でも100円でも出したくないのに、、 「す、、すみません、明日じゃダメですか?」

恥も外聞もすてて、、とは、この事です。

優しい方は待ってくれるんですが、時には鬼のような人がいて「無理です!」と。。。

こうなればお金を借りるしかありません(+o+)仕方なく即日借りれるカードローンで借りる事に。。。

お金もない上に、借金まで・・・。もう最悪ですね。町内会費なんて数日遅れたって痛くもかゆくもないはずなのに!!

ちょっとは人の気持ちを察してくれればいいのに(-_-メ)

こうなった時に思う気持ち、それは、明日になれば、、明日になれば、、この苦境から、抜け出せる!!

そう思う給料日の一日前ですね、、。

それは、戦いである。己の知恵を総動員して、町内会費と、子供からのブーイングと、自分自身の空腹との戦い、それは必ず、起こるべくして起こるのである。

皆さんは給料日の前はこんな感じではないですか??

120万円の借金

現在、120万円の借金があります。

特に何かを買ったりしたわけではないんですが、気が付いたら120万円も借りてしまっていました。

さすがに今はちょっと焦っています。今の仕事上120万円を返済するのは結構大変です。

なので、バイトの掛け持ちをして返済していこうと思っています。

お金は計画的に借りないとダメですね。